40代の「カジュアル」とは

20代や30代の頃は適当に服を選んで着ていても「カジュアル」になっていたけれど、40代になってからは意外と難しいなと気付く人も多いと思います。日常のファッションとして定番のカジュアルスタイルを、「ラフになりすぎずきちんと感を出す」ということを意識して選んでみましょう。センスのある着こなしができるようになりますよ。

露出を控えめにすることでコーディネートに落ち着きが出るので、40代のコーディネートでは重要なポイントです。たとえば今までは半袖のTシャツを選んでいたところを、五分袖のトップスにしてみるだけでスッキリと落ち着いて見せることができます。ショートパンツを七分丈のパンツに変えるだけで、驚くほど上品な印象に変わります。

40代の「きれいめ」とは

ちょっとした食事の機会などが増える40代では、きれいめコーデの出番も急増します。きれいめコーデのポイントは「シルエット」です。20代のフェミニンコーデを、40代向けにひと味変えるようなイメージを持つといいかもしれません。ふんわりと女性らしいファッションは素敵ですが、カラーやデザインで甘くなりすぎないように気を付けましょう。「若作りしてるみたい」なんて思われたくないものです。

バルーン袖やシフォン素材のトップスは、女性らしい雰囲気である分、どうしても甘くなりがちです。その場合は、パンツと合わせたり、ダークトーンのアイテムを投入したりと、引き算してみると良いバランスを作ることができます。タイトスカートや身体のラインに沿ったトップスは、女性らしいシルエットになるのでおすすめです。