スカートコーデは丈の長さを重視しよう!

女性従業員の制服を廃止する企業がどんどん増加しているため、働く女性にとって「どんなファッションで出勤するか?」は悩みの種になりがちです。いくらオフィスコードの緩い企業に勤めていても、「仕事」というシチュエーションを意識したうえでのコーディネートはちゃんと叶えたいものですよね。ではビジネスの場で真面目さをアピールするには、どのようなレディースファッションを心がければいいのでしょうか。

スカートコーデで出勤するなら、色や柄は派手なものにしないことを基本として、丈の長さに重点を置くようにしましょう。タイトにもフレアにも共通して言えることですが、ビジネスの場におけるスカート丈はまっすぐ立った状態で膝が少し隠れる程度が推奨されています。立っているときに膝が少し隠れていれば、座った状態でも太ももが極端に見えることはないので、真面目さのアピールになります。

ジャケットコーデは男女によって基本ルールが違う!

来客があるときや大事な会議に参加するときは、ジャケットの着用が求められることでしょう。ジャケットコーデでポイントになるのは、袖丈です。男性のジャケットコーデではワイシャツの袖口が1センチくらい見える袖丈にするのがビジネスマナーとなっていますが、女性の場合は異なります。ビジネスの場では、腕を下ろしたときにジャケットの袖からブラウスの袖口が見えない丈にするのがレディースファッションの基本なのです。このような基本が守られていないと、不真面目な印象につながってしまうことがあるので注意しましょう。

またジャケットのポケットについているフラップは、室内では中に入れて屋外では外に出すのが基本ルールとなっています。わずか数センチのフラップですが、ビジネスの場ではそれを状況に応じて出し入れすることも真面目さのアピールにつながるのです。